*

50代メンズファッションコーデやカラー、2014秋トレンドは?

公開日: : 最終更新日:2016/12/25 ミニ知識, 暮らし


50代メンズファッション

男50代となると「初老」などと言われ、自分でも人生の終焉を間近に感じて、自他ともに、まさに枯れたイメージをもたれている人も多いのではないかと思う。

しかし、芸能人などを見ると同じ50代でも、若々しい人はたくさんいる。

Sponsored Link

たとえば藤井フミヤ(52歳)、リリー・フランキー(50歳)、パンツェッタ・ジローラモ(51歳)、唐沢 寿明(50歳)、佐藤 浩市(52歳)などなどたくさんいる。

まぁほとんどの人が顔もいいし、スタイルもいいので当たり前と言えば当たり前なんですけど、それだけでもないような気がするんですね。

リリー・フランキーなんて、イケメンとは思えないけど、なんかカッコイイと思いませんか?

リリー・フランキー2

 
Sponsored Link

私が考えるに、芸能人は人に見られる職業だから、人に見られていることを常に意識し、オシャレに気を遣っている。

ファッションを自分でコーディネートできる人もいれば、スタイリストなんかが付いている人もいる。

そんな日常を暮らしていると、だんだんセンスが備わってくるし、いろいろなファッションが似合ってくると思うんです。

私のような凡人でも顔や身長は替えられないけど、ファッションは努力次第で、レベルアップすることが可能だと思うんですね。

たとえ50代だろうが、芸能人までは届かなくても、ちょっと垢ぬけたオシャレなオジサマでいたいと思いませんか?

しかし、周りを見渡してみると50代でファッションに気を遣っていると感じる人は何人みえますか?

そんなにはいないと思います。

私はファッションに関心がある度合は年齢と反比例するように思えるんですね。

逆に考えれば、50代でちょっとだけファッションに気を遣えば周りのオジサンとは大きな差になってくると思います。

きっと周りの人のあなたを見る見方が変わって、変化が現れると思いますよ。

50代の人、残された人生を明るく楽しくしませんか?

私なりに研究してみたことを書きますので参考にしてください。

50代メンズファッションコーデやカラー

50代メンズファッションコーディネートのコツ サイズフィット感

オジサンは何でオジサンっぽく見えるんでしょう?

逆に若い人のファッションを見渡してみてください。

今、若い人のファッションの傾向は、スリムフィットのシャツやパンツなど、体のラインを強調するファッションが流行っています。

オジサンの大多数が着ている服は、動きやすさや着心地を優先させるため、サイズ的に余裕があるゆったり大き目のものを好む傾向にあります。

体型を隠す意味もあるでしょうけど。

サイズがあっていないように見えてしまうんですね。

サイズがフィットしてないと、だらしなく見えてしまったり、全体的に太って見えたり、胴回りの脂肪がかえって強調されてることにもつながってしまいます。

 

シルエットo シルエットシルエット1

↑一番左の人のズボンが少し太いだけでモタっとした印象です。

 

今の中高年の方が若い頃のファッションは、スーツは肩パットが入ったり、ジャケットの裾がお尻が隠れるくらい長かったり、ズボンにタックが入ったり、大きめの作りのものが主流でした。
こうした感覚をそのまま引きずって服を選んでいるので、時代遅れで古い感じがしてしまうのです。

よくテレビなどで、バブルのころのVTRが流れ青春時代に流行った髪形や服装を見るとファッションも人間も古い感じがしてしまいますよね。

あれと同じです。

若々しく見られようとして、無理に派手な色や柄を選ばなくても、見た目のフィット感に気をつけるだけで、十分若々しく見えるはずです。

適正サイズにするために、今まで選んでいたものからワンサイズ下のものを選んでみましょう。

試着室で試着してみて、最初は違和感があるかもしれませんが、着ているうちに様になってきます。

・体型にぴったりフィットするものを選ぶ。
・ジャケットやシャツは、胴回りを絞ったスリムフィットものを選ぶ
・ジャケットの裾はお尻が半分隠れる程度の長さ。
・パンツはノータックで、太ももの部分が絞られているものを選ぶ。
・パンツは股上浅めを選ぶ。

上記のことに注意して服を選ぶと、スッキリまとまって足も長く見えます。

mens

50代メンズファッションコーディネートのコツ カラー

50代メンズファッションコーディネートで色を選ぶ際、トップス(シャツ、ジャケット)は白・黒・茶・紺・薄いピンクを基本にして、赤・青・黄色・濃いピンクなど派手な色は避けたほうが無難です。

カラーは4色までに抑えること。

あまりたくさんの色を使うとまとまりがなくなります。

トップス(シャツ、ジャケット)が明るめの色なら、ボトムス(パンツ)は暗めの色。

逆にトップス(シャツ、ジャケット)が暗めの色なら、ボトムス(パンツ)は明るめの色。

トップス(シャツ、ジャケット)が柄入りなら、ボトムス(パンツ)は無地。

というようにトップス(シャツ、ジャケット)とボトムス(パンツ)を対比させるとメリハリがついて比較的まとまります。

メンズファッション50代

 

50代メンズファッション2014秋トレンドは

メンズファッション2014秋トレンドは詳しいことはわかりませんが、去年あたりからチェックなどトラッド柄を取り入れることがちょいちょい見受けられますので、50代の人にとってはコーディネートしやすいかもわかりません。

今年の秋冬におさえておきたい一枚として「ショップコート」「タートルネック」なんてキーワードもありますが、上に書いたように基本を守れば、流行を追わなくてもオシャレに仕上がると思います。

がんばりましょう!

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

ピロリ菌

胃痛の原因はストレス、食事、ピロリ菌、夏バテ?

胃痛の原因 胃の痛みは、とてもつらいものです。 胃痛は、日本人の25パーセントが一度は経験し

記事を読む

暑気払いの意味や時期は?調べてみたら。。。あぁそうなんだ

「暑気払い」(しょきばらい)というと、暑さに負けないために冷たいビールでも飲んで暑気払いするぞ!

記事を読む

Outlook 2010

Outlook 2010がセーフモードで起動する原因WindowsアップデートのKB3114409不具合対処法

Outlook 2010がセーフモードで起動する Windowsアップデートを行うとOutlook

記事を読む

立春 三寒四温

三寒四温の意味とは?時期や使い方は?季語・挨拶例文・服など

三寒四温の意味とは? 三寒四温(さんかんしおん)という言葉はテレビの天気予報などで、時々耳にするこ

記事を読む

ひまわり8号

ひまわり8号七夕運用開始、7号比較、台風9号・10号・11号【画像】

ひまわり8号七夕運用開始 気象衛星「ひまわり8号」が、七夕の今日、本格運用を開始する。 運用

記事を読む

脳低温療法がシューマッハやオシムを昏睡状態から退院へと導いた?

脳低温療法が注目されているらしい。 ミハエル・シューマッハ(F1レーサー)が昨年12月のスキー事

記事を読む

ひな人形

ひな祭りの由来や歴史を簡単に保育園児でもわかるように説明すると

ひな祭り(桃の節句) 3月3日はみなさんご存知のひな祭りですね。 女の子のが健やかにに成長す

記事を読む

腸内フローラ(イメージ)

腸内フローラとは?腸内細菌叢改善方法の腸内細菌移植療法とは?

腸内フローラ(腸内細菌叢)とは 腸内フローラという言葉を耳にすることが多くなりました。

記事を読む

スマートレター

スマートレターとは?レターパック・ネコポス・宅急便コンパクトとの違いを比較

スマートレターとは? 日本郵便が「スマートレター」のサービスを2015年4月3日からスタートすると

記事を読む

Google Doodle 美空ひばり

美空ひばりがGoogleのロゴに!Google Doodleというらしい

美空ひばりがGoogleのロゴに! 今日のGoogleのトップページを開いたら、どうやら美空ひばり

記事を読む

台風21号進路
台風進路情報と風向きや風速までピンポイントでわかるサイト

台風進路情報と風向きや風速までピンポイントでわかるサイトはないのか?

ユニバーサルスタジオジャパンのお土産の人気でおすすめを調べてみた
ユニバーサルスタジオジャパンのお土産の人気でおすすめを調べてみた

西日本で人気のテーマパークと言えば、ユニバーサルスタジオジャパンを

IKEA長久手店へのアクセス
IKEA長久手店(名古屋)の駐車場出入口や営業時間は?

IKEA長久手店(名古屋)が2017年10月11日(水)ついにグランド

映画『君の名は。』
日本のアニメ聖地88カ所とは?一覧表とマップを巡礼の参考に

実際にアニメの舞台となった、ゆかりの地などを訪れる「アニメ聖地

青汁のダイエットに効果的な飲み方とは?
青汁のダイエットに効果的な飲み方とは?

今や物凄く有名になり多くの人が飲んでいる「青汁」。 本当に、種類

→もっと見る

  • 2019年1月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    PAGE TOP ↑