*

マイナンバー制度とは?問題点は?メリット、デメリットを簡単にわかりやすく考える

公開日: : 最終更新日:2016/10/01 ミニ知識, 暮らし


マイナンバー制度が2015年10月から始まりましたが、どうもよくわからなかったので簡単にまとめてみました。

マイナンバー制度とは?

マイナンバー制度とは国民一人ひとりに12桁のマイナンバー(個人番号)をつけて、「行政の効率化」、「国民の利便性の向上」「公平・公正な社会の実現」を図ろうとする制度です。

マイナンバー制度を導入するといったいどんなメリットがあるのでしょう?

Sponsored Link

マイナンバーマスコット マイナちゃん

マイナンバーマスコット マイナちゃん

マイナンバー制度のメリットを簡単にわかりやすく言うと

政府広報によると

行政の効率化 行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。複数の業務の間での連携が進み、作業の重複などの無駄が削減されます。
公平・公正な社会の実現 所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細かな支援を行うことができます。
国民の利便性向上 添付書類の削減など、行政手続が簡素化され、国民の負担が軽減されます。 また、行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関から様々なサービスのお知らせを受け取ることができます。

なんかわかりにくいですね。

簡単にいうと

マイナンバー制度を導入するメリットは、行政機関や地方公共団体などの労力削減効果が大きく、所得情報が連携されるこにによって、たとえば、所得を隠して脱税することを防止したり、所得を隠して生活保護を申請したりする不正を防止できるようになることしょう。

国民が受けるメリットは年金や福祉などの申請時に必要な添付書類が省略でき、たとえば、年金を申請するときの所得証明書などが省略可能になったり、健康保険や雇用保険、医療保険、生活保護、児童手当などの給付請求手続きが簡素化できるといわれています。

国民が年金を申請したり、健康保険や雇用保険、医療保険などの手続きをすることなんて人生でそう何回もありませんよね。

ハッキリ言って行政のほうが多くのメリットを享受できるということに思います。

Sponsored Link

マイナンバー制度のデメリット 副業や預金もばれる

マイナンバー制度の導入は、国や行政機関などはメリットだらけですが、国民にとってはデメリットだらけのように思えます。

国のデメリットといえば初期投資が大きいことでしょう。

マイナンバー制度の導入には、3000億円以上の初期投資が必要といわれています。

しかし、これも最終的には私達国民の税金からということですね。

 

また、国民生活にとってマイナンバー制度のデメリットは、個人情報の流出懸念でしょう。

インターネットなどで情報が漏洩しないよう、国は制度とシステムの両面から個人情報流出の予防のため措置を講じているといいます。

【制度】

1.本人確認措置
2.番号法の規定以外での、特定個人情報の収集・保管の禁止
3.番号法の規定以外での、特定個人情報ファイルの作成の禁止
4.第三者委員会(特定個人情報保護委員会)による監視・監督
5.特定個人情報流出に対する罰則の強化
6.マイナポータルによる情報提供等記録の確認

【システム】
1.個人情報の分散管理
2.個人番号を直接用いずに、符号を用いた情報連係
3.アクセス制御による閲覧者の制限・管理
4.通信の暗号化

しかし、日本年金機構の年金情報管理システムサーバが、外部の不正アクセスによって、個人情報が流出した問題は記憶に新しいところです。

どんなにいろいろな措置を講じてもハッカーなどが抜け道を見つけてイタチごっこになるでしょうし、人が情報を管理する以上漏えいの危険は常にあるわけです。

 

マイナンバーが導入されると、従業員は勤務先等にマイナンバーを申告することになり、どれだけの収入を得たかが税務署に正確に把握されることになりそうです。

これによって、会社に内緒でアルバイトをしているなど、副業がばれる可能性がでてきます。

昼間は会社でOLをして、夜はキャバクラでアルバイトしているおねえちゃんも働きにくくなると騒がれています。

しかし、副業の収入が年間20万円を超えなければ、確定申告は必要ないので問題無いですし、抜け道はあるようですけどね。

 

それから、まだ猶予はありますが、銀行や証券会社など金融機関で、口座をを開設するときにマイナンバーを提示しないとできない方向に向かうようです。

預金口座へのマイナンバー適用の義務付けが2021年をめどに検討されているそうです。

マイナンバー適用の義務付けが適用されれば、誰がどの金融機関にいくら預け入れているということが、いずれ正確に把握されるわけです。

たとえば、おじいちゃんが孫のために預金をするとして、年間110万円までは非課税のため、仮に200万円を贈与する場合でも、100万円を2回に分けて、別々の口座に振り込んだ場合、税務署からもわかりにくかったのですが、マイナンバーで銀行口座がひも付けられバレてしまうようになるでしょう。

 

まだ、いろいろあるでしょうけどマイナンバー制度のメリットとデメリットについて簡単にまとめてみました。

長くなって、かえってわかりにくくなったかもしれないですけどね(笑)

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

pop

ポップオーバーとは?東京や大阪や名古屋で食べられるの?

ポップオーバーとは ポップオーバーとはアメリカ生まれの卵を豊富に使った生地を高温で焼き上げたシュー

記事を読む

03スマホパッケージ

03番号の取得ができる日本通信03スマホとは?メリットは?

03スマホとは? 日本通信が03番号の取得ができ、日本全国どこにいても03番号で電話ができる「03

記事を読む

老後破産

老後破産とは?する人しない人、しないためには・・・要因と現実

老後破産とは? 最近「老後破産」というなんとも恐ろしい言葉を目にするようになりました。

記事を読む

Minolta DSC

サイボクハム(日高)のレストランBBQ、天然温泉「花鳥風月」で大人気!

サイボクハム サイボクハムという埼玉県日高市に年間400万人が訪れる大人気の牧場をご存知でしょうか

記事を読む

台風14号 進路予想 米軍 最新

台風14号進路予想、米軍・ヨーロッパ・気象庁最新情報 【2015年8月8日】

台風14号発生 8月7日21時、小笠原近海で台風14号(モラヴェMolave)が発生しました。

記事を読む

beer

ビールカクテルのすすめ。カクテルにすればお得感一杯!

ビール税率引き下げ ビール離れが進んでいると聞きますが、それでもビールファンはまだまだ沢山います。

記事を読む

簡易書留ご不在連絡票(マイナンバー専用)

マイナンバー通知カードが届かない理由は?いつ発送されて届くのか?対処法

マイナンバー通知カードの発送状況 2015年10月から、マイナンバー通知カードの発送が開始されてい

記事を読む

バイリング茸

バイリング茸とは、長野県が本場のキノコ。食べ方やレシピや価格は?

バイリング茸とは バイリング茸って聞いたことありますか?私はありませんでした。 日本テレビの

記事を読む

STAP細胞

STAP細胞はES細胞だった。STAP細胞・ES細胞・iPS細胞の違いとは

STAP細胞はES細胞だった 理化学研究所の調査委員会はSTAP細胞論文不正問題の調査報告書をまと

記事を読む

7f3e1cc345e188656af42a54b3872ef3

沖縄の梅雨明けはいつ?「梅雨明けたんですか?」って知ってます?

沖縄が5月5日ごろ平年より4日早い梅雨入りをしてから約2カ月。 そろそろ沖縄の梅雨明けはいつ?

記事を読む

  • 2016年12月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    PAGE TOP ↑