*

老後資金必要額シミュレーション、老後破産しないためにいくら必要か簡単に試算する方法


老後破産しないためにはどうしたらいいのいか?

老後破産、老後破綻、老後難民、下流老人という言葉がマスコミなどでも耳にするようになってきました。

老後破産とは、高齢者が貧困により破産状態の生活を送らざるを得ないような状態におかれているということ。

特に年金収入だけになった時に苦しい生活に陥ります。

 

電気代を節約するために夜は電気をつけずに暮らす。

ガスを使って料理するよりも、スーパーでお惣菜を買ったほうが安いと節約する。

水道代を節約するために、トイレを流すのにお風呂残り湯を使ったり、洗濯物のすすいだ水を再利用したり。

交際費もなく家でじっとするだけの毎日を余儀なくされる。

 

あなたは、こんな老後生活をおくりたいですか?

誰もがもっと楽しい老後を過ごしたいはずです。

老後破産しないためにはどうしたらいいのいか?

老後の生活費はいくら必要なのか、それに対する老後の資金はいくら必要なのか?

それすらわからないのでは、何も見えてきません。

老後破産しないために老後の資金はいくら必要なのか

老後破産しないための対策をいろいろ考えてみました。

老後のためにできるだけ無駄遣いを減らして貯金をする。

60歳を迎えて定年退職してもできるだけ長く働く。

住宅ローンなどがあれば、できるだけ定年までに完済する。

基本的に収入を増やして支出を減らせば老後の資金を貯蓄できるわけです。

老後破産しないためには、現役で働くことができる、できるだけ早い時期から対策をしたほうが賢明です。

 

老後資金を貯蓄するために有効な方法の一つとして生命保険の見直しがあります。

生命保険というのは住宅や不動産に次ぐ高い買い物だといわれているわりには、

保険のおばちゃんの勧誘にのって気軽に加入している人も結構いるのではないでしょうか?

生命保険は世帯主に万一のことがあったときのために、残された家族が暮らせるだけの保証をえるためのものです。

そう考えると、年齢が上げれば上がるほど、働いたり生きる年数は減っていくわけですから、保障額は少なくて済むはずです。

 

私はそんなことを考えているうちにパソコンで簡単に必要保障額を知る方法を見つけました。

それどころか、自分や配偶者の受給できる年金額や老後の生活費の収支状況、老後資金としていくら必要なのかもわかってきました。

あなたが男性でも女性でも

サラリーマンでも公務員でも自営業でも

賃貸住宅に住んでいても持ち家に住んでいても

老後の資金を計算できます。

老後の生活に向けて老後資金をいくら用意すればいいのか・・・

知りたい人はたくさんみえると思い、その方法を無料レポートにまとめました。

【この無料レポートで得られる情報】

  • あなたの生命保険の必要保障額
  • あなたや配偶者の老後の年金受給額
  • あなたが用意しなければなない老後資金
  • あなたの老後の生活資金の収支状況(キャッシュフロー)
  • あなたの一生涯の収入と支出

などなど・・・これらを把握すれば、あなたが老後に向けてとるべき対策を考える第一歩となるはずです

老後破産をしないためにアラフィフからの老後資金対策①生命保険見直し簡単シミュレーション

老後破産をしないためにアラフィフからの老後資金対策①生命保険見直し簡単シミュレーション

興味のある方は下のフォームにお名前、メールアドレスをご登録ください。

スマホの方はこちらから

後ほどメール自動返信にてダウンロードURLをお知らせいたします。↓


※ *印は必須項目です。

お名前*

メールアドレス*


※ただし、この方法がいつまでできるかはわかりません。

※内容は50代アラフィフに向けて書かれていますが、他の世代の人も可能な方法です。

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link


公開日:
最終更新日:2015/11/10

  • 2017年12月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    PAGE TOP ↑